【トイレ詰まり】自分で直す?業者に依頼する?どっちがお得

トイレの詰まりをゴムスッポンで解消 トイレ修理

毎日の生活で欠かせないトイレ。
ある日、突然「トイレの詰まり」を起こしてしまったとき焦りますよね。
トイレの修理は、自分で直す場合と専門の水道修理屋さんにお願いするケースがあります。
自分で直せれば、修理費も安く済みそう?プロに頼めば安心だけどお金がかかりそう?
今回はトイレの詰まりを自分で直す場合と、水道修理屋さんにお願いした場合にどちらが「お得」なのか調べてみました。

自分で直す場合の方法と費用

水やお湯を流してみる

掛かる費用・・・ 0円

トイレの詰まってしまったときに一番最初にできることは「水を流してみる」です。
しかし完全に詰まってしまっている場合、次に「お湯」を流してみましょう。
トイレに詰まってしまっているものが排泄物やトイレットペーパーの場合、水よりもお湯で溶けやすくなっています。
水を流しても駄目な場合、お湯を流して解消できた!なんてケースもよくあります。

ゴムスッポンを使う

掛かる費用・・・ 0円~数百円程度

ゴムスッポン、正式にはラバーカップと呼ばれる道具を使います。
大抵のお家には備えてありますよね。
ゴムの部分を便器の奥の方にゆっくり押し当てます。そして勢いよく手前引っこ抜きます。
何度か繰り返すにことによって、詰まりを解消することができます。

お家に備えてあれば、費用は一切かかりません。
なかったとしてもホームセンターで数百円で売っています。

真空パイプクリーナーを使う

掛かる費用・・・ 0円~3000円程度

こちらは一般的にはあまり知られていない道具です。
真空パイプクリーナーとは、ゴムスッポンにポンプがついています。
ポンプを利用することによってラバーカップよりも吸引力が強く、詰まりの解消できる可能性が高くなります。
使用方法もゴムスッポンと一緒で、便器の奥に押し当て、手前に引っ張るのではなく、ポンプレバーを引くだけです。
しかし勢いがあるので、便器内の水が飛び跳ねる恐れもありますので慎重に作業を行いましょう。

真空パイプクリーナーもホームセンターで購入ができます。価格は1000円~3000円くらいで購入ができます。
ゴムスッポンよりもこちらを備えておきたいですね。

重曹とお酢を使う

掛かる費用・・・ 0円~1000円程度

最初に紹介したお湯と一緒に重曹とお酢を使ってみましょう。
お湯と重曹とお酢を入れると泡が発生します。
発生した泡が詰まっているものに刺激を与えて詰まりの解消に繋げます。
その後ゴムスッポンや真空パイプクリーナーを利用する併用技も効果的です。

重曹は、ドラッグストアで200円程度で売られています。お酢は、400円くらいでスーパーでも売っています。

ワイヤーブラシを使う

掛かる費用・・・ 0円~3000円程度

ここから少し専門的な道具の登場です。
ワイヤーブラシは、水道修理屋さんが排水管の掃除などによく使う道具です。
細長し金属のバネがついていて、ワイヤーの先端に、らせん状のヘッドがついています。
これを便器の奥に差し込み詰まっているものを取ります。
ワイヤーブラシはトイレ以外にも、キッチン、洗面台、お風呂の排水管で使うことができます。

ホームセンターで1000円~3000円程度で販売されています。

高圧洗浄機を使う

掛かる費用・・・ 家に高圧洗浄機がない場合1万円~3万円程度

高圧洗浄機は、車のボディや外壁などを洗う時に使われる水を噴射する道具です。
これを便器の中で使用します。
注意点として、水の勢いがとても強いので、便器内の水が激しく飛び跳ねます。
使用する前は飛び跳ねても大丈夫なように、便器をゴミ袋で覆い、穴を開けて高圧洗浄機を入れて作業を行うのがおすすめです。

ちなみに高圧洗浄機は、1~3万円あたりが一般的な価格です。
排水管を洗浄するためのホースも必要です。
他に使用用途があれば購入してもいいと思いますが、さすがにトイレの詰まりのために購入するのは現実的ではないですよね。

便器を取り外す

掛かる費用・・・ 0円

難易度がとくに高い修理方法が「便器を取り外す」です。
この方法は、プロが行う作業のレベルになります。
あまり自分で行うのはおすすめしません。

①止水栓を締めて排水管を取り外す。
②次にタンクの中にある水と便器の水を全て抜き取ったら、先にタンクを取り外す。
③最後に便器を取り外して詰まりの原因を突き止めます。

便器を外して詰まりを解消する方法を自分で行った場合、ナットをはずすモンキーレンチなどの工具があればできます。

水道修理屋さんに依頼した場合の費用

水道修理屋さん
トイレの詰まりを水道修理屋さんに依頼した場合、およその総額修理屋費用は以下の場合になります。

一般的な詰まり・・・ 約1万円~5万円
便器を外す作業あり・・・ 約4万円~6万円

もちろん自分で直してしまえば上記の費用は掛からずに済みます。
しかし、自分で直そうとする場合、道具を揃えたり、直し方を調べたり、実際の作業行う時間を考えると結構な時間を要します。
ただでさえ自分で便器を修理するということは結構抵抗もありますしね。

そんなことを考えたらすぐに水道修理屋さんにお願いしたほうが気も楽だと思います。
しかし、実際に掛かる料金に注意しましょう。
よく、WEBサイトなどに記載されている料金は、基本料金や、作業料金のみのケースがほとんどです。
なぜかというと、症状によって、修理に必要な部品や工程が変わってくるからです。
依頼する水道修理屋さんによって料金が大きく違うこともありますので、必ず電話でお見積りを依頼しましょう。

水活LINKならトイレ詰まりが超お得!

水活LINKではトイレ詰まりの修理代がとてもお得な値段で対応しています。

水活リンクの便器脱着作業料金

作業料金
一般的な「トイレの詰まり」・・・ 基本7,000円+部品代
便器を外すレベルの「トイレの詰まり」・・・ 基本7,000円+部品代+便器脱着作業費

一般的なトイレの詰まりの場合、修理代は1万円台で対応することができます。
さらに、便器を外すような修理でもすべて合わせて25,000円程度で修理ができます。 ※症状や部品の種類によって料金が上下する場合がございます。
トイレの詰まりでお困りの方はお気軽にお問合せください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓お問合せはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?
どちらが「お得か?」という視点でまとめましょう。

費用で言えば自分で対応できるのであれば自分で修理してしまったほうがお得です。
しかし、薬剤やゴムスッポンを使う作業までです。

それ以上の作業は専用の道具が必要になったり、専門スキルや知識が必要になってきます。
とくに、トイレの作業というのは自分で対処するのはちょっと……、なんて方も多いと思います。
トイレの修理を行う「勇気」も必要になります。

そんなときは水道修理屋さんに任せてしまったほうが「お得」かもしれません。

トップへ戻る