トイレの水漏れの原因と修理方法は?

トイレの水漏れ TOPICS

「知らないうちにトイレから水漏れが発生している!」「そもそも自分でトイレの水漏れの修理ってできるかな?」今回は、そんなトイレの水漏れに関するお悩みに対して水漏れの原因や自分でできる修理方法をお伝えしていきます。

水漏れの原因は何?

水漏れを発見したらまず何が原因かを探ります。故障と思われる箇所にタオルを当てて水が漏れていないかチェックをしましょう。よく水漏れの原因となる場所は、「トイレタンク」「給水管・止水栓の接合部分」「ウォッシュレット」「便器」「排水経路」などがあります。ひとつずつチェックをして、原因を探りましょう。

トイレタンク内の故障

トイレタンク内部から水漏れをしている場合の殆どが、【タンク内のボールタップの故障】または、【ゴムフロートの劣化】が原因になります。

■ボールタップの浮き玉が正しく設置されていない
正しく設置されていない場合は、浮き玉が水により上下するように直してください。

■ボールタップの浮き玉が破損している
この場合は、残念ながら新しい浮き玉に交換する必要があります。

■ボールタップのその他の原因
例えば、浮き玉の根元部分のボールタップ弁に異物などが挟まっていれば取り除き、ボールタップ内のパッキンやボールタップ本体が痛んでいれば新しいものに交換が必要になります。
■ゴムフロートに原因がある
ゴムフロートに原因がある場合は、異物がひっかかっていれば取り除いてしっかりと閉まるように調整し、ゴムフロート自体が痛んでいる場合はこの場合も交換が必要になります。

給水管・止水栓の接合部分の劣化

給水管、もしくは壁や床から出ている止水栓の接続部分からの水漏れもよく聞く原因場所になります。また【パッキンの劣化】や【ナットのゆるみ】が原因になることが多いです。

■パッキンの劣化が原因
接続部分のナットの中にあるパッキンが劣化の場合は、パッキンを新しいものに交換する必要があります。

■ナットのゆるみが原因
この場合は対処が簡単で、ゆるんだナット部分を締め直すだけで水漏れが止まる可能性があります。

<止水栓付近を修理する際の注意点>
止水栓付近で修理を行う場合には、【必ず】元栓を閉めて作業をすることが必要となります。これは、必ず行うようにお願いします。また、止水栓が劣化している場合、破損してしまうこともありますので事前にチェックをお願い致します。

ウォシュレットの故障

ウォシュレットから水が漏れている場合は【本体の故障】か【本体の水抜き栓、給水フィルター、本体と給水管の接続部分の水漏れ】が原因のほとんどです。

■本体の故障
本体が故障している場合は、残念ながら本体の交換が必要になります。

■本体の水抜き栓、給水フィルター、本体と給水管の接続部分の水漏れ
この場合は、水抜き栓や給水フィルターを交換することによって修理ができます。

便器の破損

トイレの床面が濡れている場合の殆どが、【便器が破損】して水漏れが発生しています。便器に物をぶつけてヒビが入った場合は時間が経つにつれヒビが広がっていきますのでとても危険です。必ず、便器本体の交換をするようにしましょう。便器の交換は自分でやるのは困難なので、水回りの業者に依頼しましょう。ちなみに、トイレ本体から水が漏れている場合でも排水ソケットの継ぎ目から水漏れしている場合は、排水ソケットに問題がありますので、交換だけで済む場合があります。

排水経路の異常

排水経路の異常だと感じた場合は、【フランジパテの劣化】が原因になっていることが多いです。フランジパテとは、排水管と便器とを接続しているところに使われている部品のことです。フランジパテは、水漏れを防ぐ役目を果たしてくれているのですが、使用を続けていくにつれて劣化をして粘土状のものが硬くなり、割れたりしてその切れ目から水漏れをしてしまうことがあるのです。フランジパテは排水管と便器をつなぐ大事な部品。そのまま放置していると、床が傷むことになりかねません。早めの修理をおすすめします。

まとめ

如何でしたでしょうか。今回は、トイレの水漏れの原因と原因となる箇所ごとの解決策をお伝え致しました。水漏れが起きてしまうとびっくりしますよね。でもそのような時は冷静に対処して、どうしても修理ができないと思った際は、プロの水回り業者に依頼してみるもの良いでしょう。水活リンクなら、トイレのトラブルを即解決致します。

・便器の中で水が微妙に流れたまま
・タンク内の節水用に入れているペットボトルが部品に干渉している
・タンク内のゴム玉が溶けて隙間が出来て水漏れしている
・タンク内側の防露材が膨らんで部品に干渉している
・ウォシュレット内部の水漏れ
・タンク内レバーにチェーンが引っかかって水が止まらない

こんな時は、是非【水活リンク】にお問合せ下さい。

トップへ戻る
お気軽にご相談ください。