キッチンの蛇口の水漏れ【自分で解決できる】

キッチンの蛇口 TOPICS

日常の料理などで使用することが多いキッチンですが、蛇口からの水漏れなど蛇口の種類によっては水漏れの種類や修理方法が異なります。キッチンで使用されている蛇口の種類とはどのような物があるのか修理方法と一緒に調べてみました。

キッチンの蛇口の種類は大きく2つ

蛇口の種類はいくつかありますが、キッチンに取り付けられる蛇口の種類は、

  • シングルレバー混合水栓
  • ハンドル混合水栓

上記2種類になります。
種類によって構造や仕組みが異なります。
ご自分で修理を行う際には特徴をよく理解しておく必要があります。

シングルレバー混合水栓

近年建てられる建築物の多くは、この「シングルレバー混合水栓」が使用されています。
レバー一つで、上下左右と可動させることができます。
基本は上下が水量、左右が温度調節というのが特徴になっています。

レバーの操作一つだけで水量と温度を調節することができて、ハンドル水栓と比べても利便性が高いのがメリットでもあります。
重要な部品として、「バルブカートリッジ」という部品があり、水量や温度の調節をこの部品が行っています。
ハンドルレバー混合水栓で水漏れが発生する場合は、バルブカートリッジが消耗している可能性が非常に高いです。

ハンドル混合水栓

古い建物に見られることが多い蛇口で、近年では新しく取り付けられることがほとんどありません。
ハンドル混合水栓の場合は、「温水」と「冷水」の2種類のハンドルが用意されています。
それらを回すことで水量と温度を調節することができます。
こちらは2つのハンドルを操作しないといけないのが面倒です。

しかし、構造が単純であるため、壊れにくく修理も簡単にできます。
ハンドル混合水栓から水漏れが発生している場合は、内部のパッキンが劣化したことによる破損が原因として多いです。

キッチン蛇口での水漏れパータン

蛇口から水漏れが発生するパターンは、構造が異なることから、蛇口の種類によって違います。
それぞれどのような水漏れを引き起こすのか解説していきましょう。

シングルレバー混合水栓の水漏れパターン

シングルレバー混合水栓で多い水漏れパターンは、レバーの下からの水漏れです。
上下左右に可動することから、レバー下に隙間があることが多いです。
水漏れは、その隙間から発生することが多いです。

原因はバルブカートリッジの消耗によって水漏れが発生し、レバー下から漏れます。
バルブカートリッジの耐用年数は10年ほどなので、寿命が近づいたら早めの交換が重要です。
ぜひ覚えておいてください。

ハンドル混合水栓の水漏れパターン

ハンドル混合水栓で多い水漏れパターンは、ハンドルの下からの水漏れです。
基本的に寿命が長く壊れにくいハンドル混合水栓ですが、ハンドル部分は水を出す時に必ず動かす部分であるため、負担が大きい箇所でもあります。

原因はナットの緩みや他にもパッキンの劣化が多いです。
ナットは締めることで水漏れを防ぐことができます。
パッキンは分解して新しい物と交換する必要があります。

水漏れが起こるまで期間の目安は10年

キッチンの蛇口から水漏れが発生する原因のほとんどは、経年劣化による蛇口の消耗もしくは破損です。
蛇口自体が破損している場合や内部の部品が消耗もしくは破損している場合などの違いはありますが、耐用年数を過ぎると高確率で水漏れが発生します。

蛇口の耐用年数は10年が目安となっているので、目安時期が迫ってくると、水漏れの可能性を疑います。
また蛇口からの水漏れを予防するためには、寿命が来る前に新しい物に交換することをおすすめします。

キッチンの蛇口(水漏れ)の修理方法

キッチンの蛇口の水漏れが起きた際、自分で修理する方法をお伝えします。

部品を交換する

先ほども述べた通り、蛇口の水漏れの原因は、経年劣化による内部パーツの消耗&破損がほとんどです。
内部パーツを新しい物に交換することで、水漏れを解消することができます。

シングルレバー混合水栓の場合バルブカートリッジ、ハンドル混合水栓の場合はパッキンが消耗しやすいので覚えておきましょう。

例えば、漏れている場所はどこなのか、蛇口は古くからあるひねるタイプなのか、レバー型の最近主流のタイプなのか、それらの条件によって修理の方法や、必要になる部品は変わってきます。
しかし、逆に言えばそこまで分かってしまえば、自分で修理することは可能です。
特殊な技術は必要としませんが、「自分には無理だ」だと思う方は、私たち水活LINKにご相談ください。

水道の修理・交換前には必ず止水栓を締めよう

キッチンの蛇口修理をご自身で行う場合は、必ず修理前に止水栓を締めておきましょう。
水の流れを止めておくことで、修理中の水の噴き出しを防ぐことができます。

キッチンの止水栓はシンク下に取り付けてあることが多いので、確認しましょう。
わからない場合は、元栓を締めておけば問題ありません。
しかし、他の場所の水が使用できなくなるので注意も必要です。

まとめ

キッチンの蛇口の水漏れを直す方法はそこまで難しくはありません。
しかし、ほとんどは部品の消耗や破損により発生しますので、自分で部品を取り寄せるのか、もしくは水道修理屋さんに依頼すれば部品交換を含めた一連の作業を行ってくれます。

お家の水まわりを毎月【定額】でメンテナンス!

水活リンクでは水まわりやくらしの様々なトラブルが広がる前に、お客様のお悩みやお困りごとを解決する為、定額で安心してご利用いただけるサービスを開始しています。
しかも、一月に何回作業しても月1.600円【税抜き】で専門業者が対応します!
トイレの掃除が苦手!なんて人もぜひお気軽にご利用いただけます!
さらにトイレが古くて悩んでいる?なんて方はトイレリフォームサービスもございます。

お問合せはこちら↓↓
お問合せフォーム
お電話のお問い合わせはこちら↓↓

トップへ戻る