【キッチン】排水管の詰まりの予防方法を徹底解説

キッチンの詰まり予防 TOPICS

毎日食事を作るのに欠かせないキッチン。そんなキッチンの排水管を詰まらせてしまうと生活をしている人にとって一大事です。
できれば詰まりが起きる前に予防しておくべき重要なスポットです。
今回は、キッチンの排水管詰まり予防方法をご紹介します。

キッチンの排水管が詰まってしまう原因

一般のご家庭には複数の排水管が存在します。
例えば一般的なものをあげれば、

  • キッチン
  • トイレ
  • 風呂場
  • 洗面所

などなど。

上記のほとんどが自宅で生活する中、ほぼ毎日利用します。
もちろん毎日利用していれば、詰まりや水漏れなどトラブルが発生しやすくなります。

ちなみに、キッチンは上記の中でも利用する頻度が高いため、他のスポットと比較してもトラブルが発生しやすくなっています。

詰まりの原因のほとんどが油

キッチンの詰まりの原因として一番多くあげられるのは「油」です。
洗い物をする際、注意を払っていたとしても油は流れていきます。
中にはそのまま油を流してしまうめんどくさがりの方もいます。

油をキッチンの排水管に流してしまうと、油は水に溶けづらい上に粘度が高く、排水管内に付着してしまいます。
これが蓄積していくと水の流れが悪くなり、突然詰まりを起こしてしまいます。

他にも、食べものカスや洗剤、スプーンや箸などの異物を流してしまえば詰まりを起こします。

詰まってしまった場合の解消方法

万が一キッチンの排水管が詰まってしまった場合の解消方法はこちらの記事を参考にしてください。
【キッチン】排水溝の詰まりの解消法【劇的な効果】

キッチンの排水管の詰まりを防ぐおすすめ予防方法

定期的にパイプクリーナーを使って掃除する

詰まりを起こす前に、スーパーやドラッグストアで販売されているパイプクリーナーを使用して排水溝を細目に掃除をしましょう。
常にキッチン全体をキレイに保つことはもちろん排水口も定期的に掃除をしてキレイに保つことで、油汚れの蓄積を抑えることができ詰まりを予防することができます。

洗い物の後に水を流す

洗い物をすると目に見えない油よごれが排水管に溜まっています。洗い物し終わったあとに水を数十秒流しましょう。
そうすることによって排水管に留まっている油を流しきることができます。
温水を使うのもおすすめです。

油を流さないように心がける

つまりの一番の原因である油を流さないことです。食器に付いた油は拭き取ってから洗うようにしましょう。量が多い場合は新聞紙などを牛乳パックやポリ袋に入れて、そこに冷ました油を流し、染み込ませれば可燃ごみとして捨てることができます。また、市販の凝固剤で油を固めて捨てる方法もあります。

トップへ戻る
お気軽にご相談ください。