今さら聞けない「WC」マークの意味は?【トイレ雑学】

トイレのWCマークの意味って? TOPICS

ショッピングなど商業施設やオフィスビルのトイレで見かける「WC」マーク。
この「WCの意味ってなんだろう?」「どんな略?」なんて思われている方も多いはず。
今回はこの「WC」マークの概要について解説いたします。

水洗式便所のこと

トイレの看板などで見かける「WC」は、「ウォータークローゼット(Water Closet)」の略なんです。

日本語に直すと、「水洗式トイレ(便所)」という意味です。

水洗式トイレとは、便器の種類のひとつで、汚物を水で洗い流す洗浄方式のことを言います。
日本のほとんどの家庭や施設では水洗式便所が一般的です。

トイレを表す英単語はいくつかある

補足として、トイレを表す英語はいくつか存在します。

レストルーム(restroom)

レストルームは、トイレを含めた休憩する場所を表します。
仕事中の休憩室など広い範囲で該当します。
仕事中に使われるケースが多い言葉になります。

バスルーム(bathroom)

海外では、トイレとお風呂が同じ部屋にあるいわゆる「ユニットバス」が一般的で、バスルームは「トイレ」としても認識してくれます。
こちらはどちらかというと自宅などで使われるケースが多いですね。
日本だとトイレとお風呂は別室になっていることが一般的なので、バスルームと言われても「お風呂」しか頭に浮かびませんよね。

水洗式以外のトイレは該当しない

水洗式トイレという意味になるので、もちろん汲み取り式トイレは該当しません。
よって、汲み取り式トイレの場合は、「WC」マークは使用することができません。
トイレにWCという文字は使えないのです。

まとめ

海外に行った際、訪れる国によっては水洗式トイレが普及していない地域があるかもしれません。
そんなときは「WC」マークを探しましょう。
このWCマークを知ってるだけで安心できます!

トップへ戻る